書くことに特化したMac用エディタアプリ「Ulysses」v2.7へアップデート。Touch BarやSierraのタブ機能をサポート。

スポンサーリンク

 書くことに特化したMac用エディタアプリ「Ulysses」v2.7へアップデートし、MacBook ProのTouch BarやSierraのタブ機能をサポートしたと発表しています。詳細は以下から。

Ulysses-Hero-logo-icon

 Apple Design Award WinnerやBest of Appなど数々の賞を受賞したドイツThe Soulmen GbRが開発、販売を行っている書くことに特化したエディタアプリ「Ulysses for Mac」がv2.7へアップデートし、MacBook ProのTouch BarやmacOS Sierraのタブ機能をサポートしています。

ulysses-v2-7-support-touchbar-and-tab

バージョン 2.7 の新機能
# 特に難しいことはないアップデート
私たちはこの2カ月間数え切れないほどの小さな修正とパフォーマンスの最適化に取り組んできました。また、最新のOSリリースとも快適に使用できるように、Sierraのタブと新しいMacBook ProのTouchBarのサポートを追加しました。

## 新機能

  • TouchBarのサポートを追加
  • macOS 10.12のウインドウタブを追加
  • TextBundleとTextPackファイルの読み込みを追加
  • 外部フォルダのTextBundleファイルの編集機能を追加
  • 新しくEvernoteからメモの読み込みをサポート
  • macOSでX-Callback-URLのサポートを追加
  • 読み終えるのにかかる時間の目標を追加

Ulysses を Mac App Store で

 Ulysses for Mac v2.7ではTouch Barのカスタマイズは出来ませんが、Touch BarからはMarkdownの見出しや引用、コメント、リストなどのマークアップおよび文字数カウントやプレビュー、タグ付け、共有などが可能になっています。

ulysses-v27

 また、今回のアップデートでは新機能以上にWordPressやエディタに関する数多くの不具合が修正されているので、興味のある方は公式サイトから10日間のトライアル版を利用してみてください。