Touch Barシミュレータの起動やスクリーンショットの撮影が行えるTouch Bar用ユーティリティ「Touché」がリリース。

スポンサーリンク

 Touch Barシミュレータの起動やスクリーンショットの撮影が行えるTouch Bar用ユーティリティ「Touché」がリリースされています。詳細は以下から。

touche-app-logo-icon

 Touchéは元Appleのソフトウェアエンジニアで現在はMarsEditなどを開発しているRed Sweater SoftwareのDaniel Jalkutさんが新たに公開したTouch Barシミュレータ&ユーティリティ・アプリで、Touch Barを搭載していないMacでもTouch Barシミュレータをデスクップ上に表示することが出来ます。

Touché
Touch Bar for everyone.
Simulate, show and hide, take screen captures.

Touché – Touch bar for everyone

 機能としてはTouch Barのスクリーンショットの撮影、Touch Barシミュレータの起動とスクリーンショット保存/コピー用のグローバルショートカットキーの設定([Preference]メニューから)が可能で、Touch Bar LauncherTouchBar Screenshotterを合わせたようなアプリになっています。

touche-touch-bar-utility

 Touchéを利用するにはmacOS Sierra 10.12.1 build 16B2657以上のmacOSが必要ですが、アプリは無料で自動ソフトウェアアップデート機能もついているので、興味がある方は利用してみてください。