Sierraに対応し、SiriやSpotlightなどのシステム操作をマウスに割り当てることが可能になった「SteerMouse v5.0」がリリース。

スポンサーリンク

 Sierraに対応し、SiriやSpotlightなどのシステム操作をマウスに割り当てることが可能になった「SteerMouse v5.0」がリリースされています。詳細は以下から。

steermouse-logo-icon

 サードパーティ製マウスやキーボードのMac用ドライバを開発しているプレンティコム・システムズ有限会社は10月26日、macOS Sierraに対応した汎用マウスドライバ「SteerMouse v5.0」を新たに公開したと発表しています。

steermouse-v5-support-siri-hero

 SteerMouse v4からの変更点は以下の通りで、Siri、Spotlight、辞書で調べる、通知センター、Launchpad、スクリーンズームをマウスボタンに割り当てることや、再生や音量操作などミュージックの操作も可能になっているそうです。

  • 修飾キー(command, shift, option, control)との組み合わせに機能を割り当てることができます。
    ひとつのボタンに最高24の機能を割り当てることができます。
  • ボタン、スクロールとの組み合わせに機能を割り当てることができます。
    例えば、ミドルボタンを押しながらスクロール、2つのサイドボタン同時押し など。組み合わせ操作も修飾キーと組み合わせて使用することができます。
  • スクロールは、速さに加え感度も調整できます。
    スクロールの加速が急すぎる場合はマイナスにしてみてください。
  • カーソル自動移動に「ウインドウを閉じたら元の位置に戻る」を追加しました。
  • カーソルスピードに「おすすめ設定」を追加しました。
    他のユーザーが使用している設定をランキング形式で見ることができます。
  • アプリケーション毎の設定は、ゲームでも正しく機能するようになりました。
  • マウス毎に設定を行うことができます。
  • クリック
    文字キーのオプションを追加しました。Photoshopでは、spaceキーを割り当てるとドラッグで画面をスクロールできます。
  • ショートカット
    ・待ち時間のオプションを追加しました。次のショートカットを入力するまでの時間を設定できます。
    ・キーボードのレイアウトを切り替えても正しいキーを入力できるようになりました。
  • スクロール
    ・修飾キーのオプションを追加しました。
    ・自動スクロールを追加しました。
  • システム操作New
    Siri、Spotlight、辞書で調べる、通知センター、Launchpad、スクリーンズーム を割り当てできます。
  • Mission Control
    左/右の操作スペースへ移動、デスクトップ 1〜5へ切替 を追加しました。
  • ミュージック操作New
    再生、音量操作 などを割り当てできます。
  • アプリケーション切替
    指定のアプリケーション、次/前のアプリケーション を追加しました。
  • カーソル移動
    Dockを追加しました。
  • 開く
    ・複数のファイルを登録できるようになりました。
    ・URLも登録できるようになりました。

 SteerMouse v5は1ライセンス1,980円で、アップグレード価格は1,280円となっており、30日間無料で利用可能なトライアル版(アンインストールは[その他]のタブから可能です)も公開されているので、興味のある方は公式サイトへどうぞ。

コメント

  1. 匿名 より:

    やったぜ。これ無しのマウス作業は考えられない。