Apple、macOS Sierra 10.12.1のシステム環境設定に「Touch ID」の設定パネルを追加。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS Sierra 10.12.1のシステム環境設定に「Touch ID」の設定パネルを追加しています。詳細は以下から。

touchid-logo-icon

 Appleは本日、macOS Sierra向けに「macOS Sierra 10.12.1アップデート」のpkg版を公開しましたが、このpkg版を見ていたところ、”CoreServices”内にTouch IDの設定パネルが同梱されていました。

touchid-system-preferences-on-macos-10-12-1

 Touch IDを搭載したMacBookでないため、Touch IDパネルを開くことは出来ませんが、MacBook ProのTouch IDでは本日行われたスペシャルイベントの中でもDemoが行われたTouch IDによるユーザー切替えや、Apple Payの認証以外にも、

touchid-strings-macos-sierra-touchid-prefpane

Touch IDを使用するには、自動ログインを切にする必要があります。
Touch IDが利用できない場合に使用するパスコードを入力してください。
Touch IDを使用してこのMacのロックを解除するには、“%@”のパスワードを入力してください。
この指紋を削除するには“%@”のパスワードを入力してください。
Touch IDを使用すると、指紋認証でMacのロックを解除したり、Apple Pay、iTunes、およびApp Storeで買い物をしたりできます。
iPhoneのロックを解除
ロック解除に使用できる指紋がすでにこのiPhoneに保存されています。指紋を残しますか、それとも削除しますか?

リソースファイルを見る限りではiPhoneのTouch IDと同様にiCloudキーチェーンやiTunesやApp Storeでのパスワード入力、Safariに保存したクレジットカードの保護などが行えるようです。

追記

 セーフモードで無理やりTouch IDパネルを開いてみたところ、以下の様に指紋の追加画面と用途のON/OFFだけというシンプルなものでした。

touchid-macos-sierra-touchid-prefpane

Touch IDを使用すると、指紋認証でMacのロックを解除したり、Apple Pay、iTunes、およびApp Storeで買い物をしたり出来ます。