macOS 10.12 Sierraではコンソールアプリが刷新され、アクティビティの表示やクラッシュレポートの共有が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraではコンソールアプリが刷新され、アクティビティの表示やクラッシュレポートの共有が可能になっています。詳細は以下から。

Console-app-logo-icon

 Beta版でも明らかになっていた通り、Sierraではシステム/ユーザーレポート, “/var/log”などのログファイル用クライアント「コンソール」アプリのデザインが刷新され、以下の様な新機能が追加されています。

macos-10-12-sierra-new-console-app

  • 共有ボタンの追加
  • 時間, プロセス, アクティビティなどのカラム別にソート可能
  • 時間ソートの一番最初に移動する「今」ボタン
  • 時間やプロセス, アクティビティ名などでフィルタリング可能な検索フィールド
  • フィルタリングした検索結果はFinderのスマートフォルダの様に保存可能
/Applications/Utilities/Console.app

 特にアクティビティボタンを押すことで、親アクティビティと子アクティビティを表示することが可能で、クラッシュの原因となったアクティビティがどの様な子アクティビティを行っていたかなどを閲覧することが出来るようになっているので、Betaメンバーの方はチェックしてみてください。

macos-10-12-sierra-new-console-activity-2

新しいコンソールアプリはiOSやwatchOSデバイスのレポートも収集&表示することが可能になっています。