Apple、iCloud使用時のMicrosoft Officeやユニバーサルクリップボードの不具合を修正した「macOS Sierraアップデート10.12.1」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがiCloud使用時のMicrosoft Officeやユニバーサルクリップボードの不具合を修正した「macOS Sierraアップデート10.12.1」をリリースしています。詳細は以下から。

Sierra-logo-icon

 Appleは現地時間2016年10月24日、iCloudのデスクトップと書類を使用した場合のMicrosoft Office互換性の向上や、Exchangeアカウントを使用している場合にメールのアップデートが出来ない不具合、ユニバーサルクリップボードが正しく動作しない問題などを修正したmacOS 10.12.1 Build 16B2555をリリースしたと発表しています。

macos-sierra-10-1-update-from-macappstore-1

macOS Sierraアップデート10.12.1では、お使いのMacの安定性、互換性、およびセキュリティが改善され、すべてのユーザーに推奨されます。
このアップデートの内容

  • iPhone 7 Plusで撮影した被写界深度エフェクトイメージ用の自動スマートアルバムを写真に追加
  • iCloudのデスクトップと書類を使用する場合のMicrosoft Office互換性を向上
  • Microsoft Exchangeアカウントを使用している場合にメールをアップデート出来ないことがある問題を修正
  • ユニバーサルクリップボードの使用時にテキストが正しくペーストされないことがある問題を修正
  • Apple Watchでの自動ロック解除の信頼性を向上
  • Safariのセキュリティと安定性を向上

macOS Sierraアップデート10.12.1

 macOS 10.12.1では本日アップデートされたiOS 10.1を搭載したiPhone 7 Plusで利用可能な被写界深度エフェクトイメージに写真アプリが対応しており、Beta版リリーススケジュールは以下の通りで、Sierraリリース後約1ヶ月でのアップデートとなっています。

 また、同バージョンでは合計16の脆弱性が修正されています。

コメント

  1. 匿名 より:

    timemachineの不具合の件がどうなったのかが気になる

  2. 匿名 より:

    Microsoft Officeとの互換性ってなんだろうか。気になる。