Apple、「Safari Technology Preview 15」をリリース。HTML5のアンカー要素download属性をサポート。

スポンサーリンク

 Appleが「Safari Technology Preview 15」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間10月12日、次期Safariへ搭載が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safariブラウザ「Safari Technology Preview」の15度目のアップデートとなる「Safari Technology Preview v15」を公開しています。

Safari Technology Preview Release 15 is now available for download for both macOS Sierra and OS X El Capitan 10.11.6. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 206196–206808.

Release Notes for Safari Technology Preview 15

 今回のアップデートではFetch APIやJavaScriptなどの不具合修正や最適化が行われる一方、新たにSafariでサポートが遅れていたアンカー要素のdownload属性がサポートされ、リンクされたPDFファイルをSafariで開かずにダウンロードさせる事などが可能になっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

safari-technology-preview-v15-download

<a href="./hogehoge.pdf" download="name.pdf">

この属性は、ユーザがリンクをクリックするとリソースをローカルファイルとして保存することを促されるように、リソースをダウンロードするために使用されるハイパーリンクであることをページ作者が意図して記述します。

a 要素 – HTML | MDN