macOS/iOS用ノートアプリ「Bear」がBeta 2をリリース。Markdown互換モードや添付ファイル、Handoffをサポート。


 macOS/iOS用ノートアプリ「Bear」がBeta 2をリリースし、Markdown互換モードやHandoffをサポートしています。詳細は以下から。


 BearはイタリアのShiny Frog社が7月からBeta版を公開し開発しているmacOS/iOS用ノートアプリで、端末制限が厳しくなったEvernoteからのインポート機能や、20以上のプログラミング言語のハイライト表示に対応していますが、このBearがBetaユーザーに対しBear beta 2をリリースしています。

It’s been a month since we introduced the first beta of Bear, our beautiful, flexible writing app for crafting notes and prose. The response has been far greater than we hoped, and we’ve received some stellar feedback from our team of over 12,000 beta testers!
We’ve been working hard to implement a number of additions, tweaks, and fixes based on what you’ve told us, and today we’re back with Bear beta 2 for iOS and macOS!

Bear beta 2 is here: fuzzier, Markdown-ier, and all sorts of new goodies – Bear

 Bear beta 2ではMarkdown互換モードやインポート&エクスポート機能の改善、Handoffなどがサポートされています。


  • Markdown Compatibility Mode – 正確なMarkdownシンタックスが利用可能に
  • Copy As… – コピーする際にMarkdown, HTML, マーカー無しのテキストを選択可能に
  • Paste From… – MarkdownまたはHTML, Code形式を選択してペースト可能
  • New import and export options – インポート&エクスポート機能が改善され、添付ファイルの書き出しやファイルネームをタイトルにすることなどが可能に
  • Attach Anything – 添付ファイルをサポート
  • Lots of x-callback-url action – iOSアプリWorkflowやLaunch Center ProのURLアクションに対応
  • Handoff – Bear for macOS/iOS間でHandoffに対応
  • Text Expander support – Smile社のスニペットアプリText Expanderに対応