Apple、OS X 10.9 Mavericks, OS X 10.10 Yosemite向けに「セキュリティアップデート 2016-004」および「Safari 9.1.2」を公開。

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.9 Mavericks, OS X 10.10 Yosemite向けに「セキュリティアップデート 2016-004」および「Safari 9.1.2」を公開しています。詳細は以下から。

OS-X-10_10-Yosemite-Hero-logo-icon

 Appleは現地時間7月18日、現在サポートが続いているOS X 10.9 Mavericks&OS X 10.10 Yosemite向けに安定性, 互換性およびセキュリティを向上させた「セキュリティアップデート 2016-004」と「Safari v9.1.2」を公開しています。

OS-X-Mave-Update-2016-004

 各アップデート内容およびダウンロードリンクは以下のとおりで、Safari v9.1.2では三井物産セキュアディレクションのTakeshi Teradaさんによるクロスサイトスクリプティングの不具合などが修正されています。

 Appleは既にBetaメンバー向けにこの秋にリリースを予定しているmacOS 10.12 SierraのBeta版を公開しており、前OS X 10.7 ~ 10.8のセキュリティアップデートは8~10月中にリリースされたものを最後に終了しているので、OS X 10.9 Mavericksのサポート終了も近いと思われます。