macOS SierraでMac版Siriを使用したデモ動画が公開。

スポンサーリンク

 macOS SierraでMac版Siriを使用したデモ動画が公開されています。詳細は以下から。

Siri-for-Mac-logo-icon

 先日公開されたmacOS SierraおよびiOS 10の新機能「Universal Clipboard」に続き、WWDC 2016の基調講演で発表されたMac版Siriのデモ動画をMacRumorsやiDownload[+1, 2]などが公開しています。

As can be seen in our hands-on video showing off Siri on the Mac, Siri is able to search through files to help you quickly locate content with commands like “Find me the documents I opened last week” or “Where are the files John sent me on Tuesday?”

See What It’s Like Using Siri on a Mac in macOS Sierra – Mac Rumors

 どちらの動画もSiriの基本的な使い方から「両手でマウスやキーボードを操作しドキュメントなどを作成しながら、口でSiriを操作し必要な情報を検索する」といった使い方や「必要な結果を通知センターにPinする」, 「ボリュームなどのシステム設定を変更」, 「Finderの操作」などiOS版Siriでは出来ない操作が紹介されています。

 また、macOS SierraにはMac版Siriの設定を行うパネルがシステム環境設定アプリに追加されており、Siriを利用する言語や声の性別(男女), 入力マイク(内蔵マイクか外部マイクか), ショートカットキーなどが設定可能になっているそうなので、興味のある方は確認してみてください(*現在のところ”Hey, Siri”には対応していません)。

Siri-for-Mac-System-Preferences

コメント

  1. 匿名 より:

    音声入力(愛用してる)の際にもSiriを積極的に介入させて「こんな風に言い換えてみてはどうですか」的なことをしてくれたら人工知能っぽい。

  2. 匿名 より:

    外付けのSSDにSierraのDeveloper Preview入れて遊んでるけど、Siriが起動するとMacBook Proのファンが止まる。
    雑音を拾わないようにするためだろうけど、ちょっと怖いw