Apple、Flash/SSDストレージの最適化と暗号化に焦点を当てた新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」を2017年にも公開。


 Appleが暗号化とFlash/SSDストレージへの最適化に焦点を当てた新しいファイルシステム「Apple File System (APFS)」を開発しているそうです。詳細は以下から。


 9to5MacやArs TechnicaによるとAppleは現在Flash/SSDストレージにI/Oを最適化し、暗号化に焦点を当て、Apple WatchからMac Proまでのスケールを形成する新しいファイルシステム「Apple File System (APFS)」を開発しており、2017年度中にもリリースする予定のようです。


The Apple File System (APFS) is the next-generation file system designed to scale from an Apple Watch to a Mac Pro. APFS is optimized for Flash/SSD storage, and engineered with encryption as a primary feature. Learn about APFS benefits versus HFS+ and how to make sure your file system code is compatible.

Schedule – WWDC – Apple Developer


 公開されたドキュメントによるとAPFSはHFS+と比較され、HFS+フォーマットには無い機能を多くサポートしており、一部の機能はmacOS 10.12 Sierraで利用可能となるようです。

  • Open Source:
    ▶現在のところOpen Source化は行わないが2017年中にはドキュメントを公開する
  • Using Apple File System:
    ▶macOS Sierra 10.12で限定的に利用可能
  • Crash Protection:
    Copy-On-Write機構をサポートし、新しい”Crash Protection Scheme”を採用
  • Snapshots:
  • Nanosecond Timestamp Granularity:
  • 64-bit Inode Numbers:
    ▶HFS+の32-bitファイルIDと違い64-bit iノードをサポートするため、約900京のファイルをサポート
  • Sparse File:
    ▶HFS+ではサポートされていないSparse Fileをサポート
  • TRIM Operations:
  • Compatibility:
    ▶APFSフォーマットされたボリュームはOS X 10.10 Yosemite以前では認識されず、SMBネットワーク共有ファイルプロトコルを利用して共有可能。*AFPは非推奨

APFS looks to be a major update over Apple’s old and creaky HFS+ file system, which has been around in one form or another for decades. It has been the subject of expansions and additions over the years, but HFS+ never approached the extensibility and flexibility of current next-generation file systems. Rather than continuing to bolt stuff onto the old code, we now (finally!) get a new file system that has some truly compelling features.

Digging into the dev documentation for APFS, Apple’s new file system | Ars Technica


 また、APFSのDeveloper Preview段階でかけられている制限は以下の通りで、更に詳しい概要は”Apple File System Guide“に記載されているので、興味のある方は確認してみてください。。

  • Startup Disk:
  • Case Sensitivity:
    ▶ファイルネームは大文字と小文字が区別(case-sensitive only)される
  • Time Machine:
    ▶現在のところTime Machine用のバックアップボリュームとしては利用できない
  • FileVault:
  • Fusion Drive:
    ▶現在のところFusion Driveでは利用できない


  1. 匿名 より: