Mac用多機能ランチャーアプリ「Alfred v3」がリリース。新しいスニペット機能やWorkflows機能を搭載。

スポンサーリンク

 Mac用多機能ランチャーアプリ「Alfred」のバージョン3がリリースされています。詳細は以下から。

Alfred-for-Mac-logo-icon

 英Crayons Ltdは4月にPRを出していた通り、Mac用多機能ランチャーアプリ「Alfred」をバージョン3へアップデートするとともに、新しいスニペット機能やWorkflows機能を追加し、クリップボード機能やテーマエディタを改善したと伝えています。

Alfred-v3-for-Mac-is-Here

After months of intense development, polishing and testing, Alfred 3 is here and ready for you!

Alfred 3 Is Here! – Alfred Blog

 リリース版を確認したところ、Alfred v3のBeta版を送っていた時以上の新機能は無いようですが、Alfred v3では新機能の他にコード全体が見直されアプリケーションのサイズが小さくなり、パフォーマンスの向上やファイルナビゲーション、システムコマンド、キーボードレイアウトの改善が行わているそうです。

Alfred-v3-for-Mac-size

There are stacks of new features for you to discover; Improved file navigation, system commands, better support for accessibility and keyboard layouts, as well as huge performance improvements.

Alfred 3 Is Here! – Alfred Blog

 AlfredはWorkflows機能など一部の機能を除いて無料で利用可能なので、興味のある方は公式サイトへどうぞ(*Mac App Store版のAlfredはv1.xから更新されていません)。