OpenSSH

スポンサーリンク
セキュリティ

OpenSSHの脆弱性「regreSSHion (CVE-2024-6387)」に関し、Appleは現在のところmacOS/iOSでの影響を調査中。

macOS 13 Ventura

macOS 13 VenturaではOpenSSH 9.0が同梱され、SHA-1ハッシュを使用したRSA署名がデフォルトで無効となっているので注意を。

macOS Sierra

Apple、macOS SierraでOpenSSH v7を採用。いくつかのレガシーな暗号が無効に。

OS X

Apple、OS X 10.11.4およびセキュリティアップデート 2016-002でOpenSSHクライアントの脆弱性「CVE-2016-0777」および「CVE-2016-0778」を修正。

OS X

OS XでOpenSSHクライアントの脆弱性「CVE-2016-0777」および「CVE-2016-0778」に対応する方法。

El Capitan

OS X 10.11 El CapitanのOpenSSHはv6.9p1, LibreSSL 2.1.7にアップデートされ、Ed25519鍵が利用可能に。