macOS 12 Montereyではネットワークの応答速度をpingコマンドのミリ秒指標ではなく、1分間のラウンドトリップ数(RPM)指標で測定する「networkQuality」コマンドが利用可能に。

スポンサーリンク

 macOS 12 Montereyではネットワークの応答速度をpingコマンドのミリ秒指標ではなく、ラウンドトリップ数のRPM指標で測定する「networkQuality」コマンドが追加されています。詳細は以下から。

ターミナルアイコン

 Appleは日本時間2021年10月26日、機能を強化したFaceTimeや集中モード、ショートカット、テキスト認識表示、AirPlay to MacなどをサポートしたmacOS 12 Montereyをリリースしましたが、このmacOS Montereyにはネットワークの応答速度を測定する「networkQuality」というコマンドラインツールが追加されています。

ネットワークの速度と品質を測定するnetworkQualityコマンド

 Appleでネットワークエンジニアを務めるStuart Cheshireさんによると、通常、多くのユーザーはインターネットの応答速度をpingコマンドを利用してミリ秒単位で評価しますが、これはネットワークがアイドル状態の応答速度で、実際のネットワーク状態を知るのは難しく、ミリ秒という指標も分かりづらいとして、networkQualityコマンドを開発したそうで、

networkQuality

networkQualityはiOSでも利用できます。

networkQualityはミリ秒単位ではなく1分間のラウンドトリップ数(RPM:Round Trips Per Minute)を指標としてネットワークを評価するコマンドで、ターミナルから実行するとインターネット回線速度テストのようにアップロードとダウンロードキャパシティが測定され、インターネットの応答速度をRPMで表示してくれるので、ネットワークの応答速度をチェックしたい方は試してみてください。

$/usr/bin/networkQuality -h
USAGE: networkQuality [-C ] [-c] [-h] [-I ] [-s] [-v]
    -C: override Configuration URL
    -c: Produce computer-readable output
    -h: Show help (this message)
    -I: Bind test to interface (e.g., en0, pdp_ip0,...)
    -s: Run tests sequentially instead of parallel upload/download
    -v: Verbose output