Apple、OS X 10.11 El Capitanに利用されているオープンソースコードを公開。

スポンサーリンク

 9to5MacによるとAppleは現地時間12月08日、OS X 10.11 El Capitanに利用されているオープンソースコードをApple Open Sourceサイトに正式に公開したそうです。詳細は以下から。


OS-X-10-11-El-Capitan-Hero


 OS XのコアオペレーティングシステムはDarwinが採用されているため、AppleはMac OS X 10.0からApple Open Sourceサイトにてオープンソースライセンスのコードを公開しており、OS X 10.10 Yosemiteのソースコードは2014年11月01日に公開されていました。

Apple updated its Open Source webpage last night, where it also provides downloads to open source code for current and past releases of its developer tools, iOS, and OS X Server, with downloads of the OS X 10.11 source code for developers interested in taking a look.

Apple releases OS X 10.11 El Capitan Open Source Darwin code – 9to5Mac

 本日公開されたOS X 10.11 El CapitanのオープンソースコードもネットワークデーモンのmDNSResponderなどまだ一部公開されていないものもありますが、その他のプロジェクトは全てダウンロード可能になっているので、興味のある方はApple Open Sourceサイトへどうぞ。


OS-X-10-11-Open-Source

関連リンク