5万8千人のノートPC購入者を対象としたConsumer Reportsの調査で、MacBookの信頼性と顧客満足度がともにトップに。

スポンサーリンク

 Consumer Reportsが5万8千人のノートPC購入者を対象に調査した結果、MacBookの信頼性と顧客満足度がトップになったそうです。詳細は以下から。


MacBook-Report-Hero


 Consumer Reportsが公開した「Laptop Reliability」は2010年から2015年にノートPCを購入した5万8千人の加入者を対象とした市場調査レポートで、このレポートによるとAppleのMacBookシリーズが他のメーカーのノートPCと比較して信頼性および顧客満足度ともにトップになったそうです。

*調査レポートは購読料がかかりますがアブストラクトは無料で閲覧可能です


信頼性

 Consumer Reportsの信頼性の調査は、購入後3年以内にノートPCが壊れた割合を調査しており、それによるとMacBook Airの故障率が7%と最も低く、次いでMacBook Proが9%なももの、Windows PCでは最も故障率が低いノートPCでも13%となっていたそうです。

  1. MacBook Airの故障率 : 7%
  2. MacBook Proの故障率 : 9%
  3. Gateway NVの故障率 : 13%
  4. Gateway LTの故障率 : 14%
  5. Samsung ATIV Bookの故障率 : 14%
  6. Lenovo ThinkPads : 15%
  7. Dell XPSの故障率 : 15%
  8. Dell Pavilionの故障率 : 16%
  9. HP premium ENVYの故障率 : 20%
  10. Lenovo Yの故障率 : 23%

Apple’s MacBook Air has just a 7 percent estimated failure rate, while the MacBook Pro is almost as dependable with a 9 percent failure rate.

At the top of the list for Windows product lines are: Gateway’s NV (13 percent) and LT (14 percent); the Samsung ATIV Book (14 percent); Lenovo ThinkPads (15 percent); and the Dell XPS line (15 percent).

Laptop Reliability: Can You Count On Your Computer? – Consumer Reports

 また、調査レポートを購読しているZDNetの記事によると、Windows PCの場合、平均使用時間が週に20時間以上になるとさらに故障率が上がるそうですが、Apple ユーザーは週に平均23時間 MacBookを利用するという調査結果もあるため、15%以上使用率が高いにも関わらず、より故障率が低いという結果になっているそうです。(調査レポートに掲載されているグラフ?

Windows machines used more than 20 hours a week – average for Windows systems – have a higher break rate. Apple users report using their machines an average of 23 hours a week, 15 percent more. More hours, fewer breakdowns, what’s not to like?

In laptop reliability survey, one brand trumps all – ZDNet

顧客満足度

 以上の様な故障率の結果もあり、同Consumer Reportsの顧客満足度調査レポートでもWindowsノートPCユーザーの満足度が38%なのに対し、Apple ユーザーは71%がMacBookのシステムに満足していと回答しているそうです。


MacBook-vs-WindowsPC-Hero

High early failure rates may be a key factor in another of CR’s findings: 71 percent of Apple notebook owners were completely satisfied with system reliability; only 38 percent of Windows notebook owners were. Ouch!

In laptop reliability survey, one brand trumps all – ZDNet

 ZDNetはConsumer Reportsの5万8千人という人数(サンプル数)の調査結果は信頼できるものの、WindowsノートPCは400ドルほどで買えるものもあるため、MacBookと同価格帯(850ドル)のWIndowsノートPCと比較すれば結果も変わってくるはずだとも考察しています。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    今まで見てきたWindowsのノートじゃ良かったと思ったのはIBM時代のThinkPadくらいだな。後は全部酷いもんだった。

  2. Apple7743 より:

    ※ただし付属品は除く。
    MacBook Airの電源ケーブルが断線しかけてるオレ情報

  3. Apple7743 より:

    電源ケーブルにしても同じような結果だと思うぞ
    他のブランドでもケーブルは悩みの種

  4. Apple7743 より:

    同価格帯だと多少差は縮まるのかな?

  5. Apple7743 より:

    Macを使えばそれなりに不満も出てくる。でもそれ以上にWinノートは不満が凄いし素人には解決不能の不具合も多いな、俺のようなサポート側の人間の感覚では。
    Macはネットワーク関係やハード的な問題が極めて少ない。一方でソフトの対応や関連設備に投資が求められる。
    まぁものは使いようだね。

  6. Apple7743 より:

    製品の型番を検索するだけで問題に対処し得るのも今回の調査結果に繋がってるな
    Apple製品は、市場全体のシェアは中規模だが、型番オーダーのシェアが凄い
    ユーザが”故障”と断定する大半は、ネットで得られる情報で解決可能だからな