Adobe、11月27日に行ったCreative Cloudのアップデート後、OS X上で「CCLibrary」プロセスなどがCPU使用率を増加させる問題があるとしてサポートページを公開。

スポンサーリンク

 Adobeが11月27日に行ったCreative Cloudのアップデートに伴い、OS XのCPU使用率とエネルギー消費が増加する問題に対しサポートページを公開しています。詳細は以下から。


Adobe-Creative-Cloud-Hero


 Adobeは11月29日、11月27日に行ったCreative Cloud デスクトップアプリのアップデートに伴い、Creatve Cloudを利用している一部のMacにCPU使用率とエネルギー消費が高くなる問題が発生しているとして、以下のサポートページを公開しています。

11/27のCreative Cloud デスクトップアプリケーションのアップデートに伴い、
Mac OSをご利用の一部のお客様より、アップデート適用後から
CPUの使用率が高くなるとのご報告をいただいております。

【お知らせ】Creative Cloud デスクトップアプリケーションアップデート後のトラブルにつきまして – Adobe Community

 この不具合はAdobeのサポートフォーラム[1, 2]やTwitter報告されており、Adobe CCの「CCXProcess」および「CCLibrary」プロセスがCPUに高負荷をかけ冷却ファンが常に回り続けるというもので、解決策としてデスクトップアプの一時的なアンインストールを挙げています。


Adobe-CC-CPU-issue

本件ですが、クリティカルな問題として11/30現在対応中です。
暫定的な回避策といたしまして、以下文書内の方法でCreative Cloud デスクトップアプリケーションを一時的にアンインストールする方法をご検討ください。
*Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアンインストールするとストレージの同期やクラウドサービスに支障が出ますため暫定的な回避策となります。

Creative Cloud is charging the CPU at 99% since – Adobe Community

 別に公開されたサポートページによると、Adobeは既にこの不具合を把握しており開発チームが調査を開始しているということなので、この不具合に遭われている方は以下のサポートページを参照して下さい。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    超今更だな

  2. Apple7743 より:

    Adobeよ、またお前か

  3. Apple7743 より:

    ほんまアドビはクソやな
    もともとからスリープ後の復帰が遅くなる等不具合あったから
    デフォで起動させてないけど

  4. Apple7743 より:

    この問題に本当に困っていろいろ試したが、最終的にCreative Cloudをアンインストールしたら解決した!
    後日、Adobe本社から「解決策」として案内があったので読んだら、やっぱりアンインストールwww
    要するにCreative Cloudって、インストールやアップデートのとき以外にいらないシステムなんだな〜ヽ(゚∀゚ )ノ
    常時に同期とかライブラリーとか、使うひとなんてそういないよ。
    みんな1人でせっせと作業してるんだから