iFixit、iPad Proの分解レポートを公開中。

シェアする

スポンサーリンク

 iFixit、iPad Proの分解レポートを公開中です。詳細は以下から。


iPad-Pro-Teardown


 MacやiOSデバイスの修理サービスなどを行っている米iFixitが昨日発売されたiPad Proの分解レポートを公開しています。分解レポートはライブ形式で行われており、8時30分現在スピーカーユニットの分解などが行われています。


 iPad ProにはiPhone 6sやMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)同様に両面テープが多用されているようで、このテープを剥がすためにレンジで熱したiOpenerがディスプレイ、ロジックボード、スピーカーユニットなどで利用されています。




 分解レポートは現在途中の段階ですが、12.9インチ, 解像度2,732 × 2,048のRetinaディスプレイをコントロールするTiming Controller DP695 (iPad Air 2はDP675)や新たなスピーカードライバの存在が明らかになっているので、興味のある方は関連リンクからiFixitへどうぞ。


DP695-Timing-Controller-Hero2

関連リンク: