Brydge、iPad Proに対応したバックライト付きアルミニウムキーボード「BrydgePro」を発表。

スポンサーリンク

 iPadなどのケースやキーボードを開発しているBrydgeは、CES 2016に合わせてiPad Pro用のアルミニウム製キーボード「BrydgePro」を発表しています。詳細は以下から。


BrydgePro_Hero


 BrydgeProはiPad ProのSmart Connectorには対応していませんが、Bluetooth 4.0でiPad Proと接続でき、重さは735g。バックライト付きでヒンジをiPad Proを接続することでiPad ProをMacBookの様に扱えるとしており、

No iPad Pro keyboard gives you the quality and versatility of the BrydgePro. With our patented hinge, the BrydgePro delivers the perfect blend between iPad and MacBook.

BrydgePro

 カラーはiPad Proに合わせたシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色で、厚さは6.9mm(iPad Proと同じ)、重さ725g。バッテリーは最大3ヶ月持続し価格は189ドルで2016年4月の販売を予定しているそうです。


BrydgePro-Backlight

 また、同社はiPad mini 4向けのバックライト付きキーボードケース「BrydgeMini」も同時に公開しているので、興味のある方は公式サイトへどうぞ

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    ちゃんとしたキーボードならば、キーボードを見る必要が無いはず。
    また光る理由も無い。

  2. Apple7743 より:

    米1
    視界の内側には確かに存在していて、全く見ないと言うことはない
    あと一番重要なのはファーストタッチ、トラックパッドと併用するノートだと顕著
    役に立ってるよ