AgileBits、1Password for Macをv5.4にアップデート。Large Typeオプションを追加。

スポンサーリンク

 AgileBitsが1Password for Macをv5.4にアップデートしています。詳細は以下から。


1Password-Hero


 マルチプラットフォームのパスワード管理アプリ「1Password」のMac版がv5.4にアップデートし、「Large Type」オプションや「Top Layout」表示の最適化などを行っています。

5.4 (build #540047) – Released 2015-10-15

The Convenience Edition

1Password was created because the world needed an easier, more convenient way to stay secure in today’s technological landscape. In keeping with that tradition of convenience, we present to you an update designed to make your life a little less complicated!

Highlights
・Large-type option for passwords makes them easier to read.
・Things change. Now your secondary vaults’ passwords can, too.
・The Top Layout View is better than ever.
・Security updates to address XARA vulnerabilities.
[1Password for Mac Release Notes – AgileBits]

Large Typeオプション

 Large Typeオプションはパスワードの表示オプションから選択可能で、画面いっぱいにパスワードを表示でき、Apple TVにパスワードを打ち込むさいや、ゲストにWi-Fiパスワードを示す時などに役立つとしています。


1Password-Large-Type-Option2

Top Layout

 1Passwordはクラシックな3ペインレイアウト以外に、アイテムリストをトップに表示する「Top Layout」をサポートしていますが、v5.4ではこのTop Layoutが改善されているそうです。


1Password-top-layout-hero

 1Password v5.4ではこの他にもヴォールトパスワードの変更や、1Password miniとブラウザ拡張機能間に存在する「XARA」脆弱性にも対応したそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    XARAの件はあきらめてなかったんだ

  2. Apple7743 より:

    iOSでスマートフォルダを扱えるようになりませんかね

  3. Apple7743 より:

    1Password Leaks Your Data だってさ。
    win版で発見された脆弱性だけど、mac版でも同様だろう。ソフトで管理している情報って暗号化されていない平文だというから驚き。
    暗号化すると検索に時間がかかるから平文にしたけど、それが仕様だという。