Dropbox、Dropboxに保存されているMicrosoft Officeファイルで利用できるコラボレーションツール「Dropbox バッチ」を全てのユーザーに提供。

スポンサーリンク

 DropboxがDropboxに保存されているMicrosoft Officeファイルで利用できるコラボレーションツール「Dropbox バッチ」を全てのユーザーに提供すると発表しています。詳細は以下から。


Dropbox-badge-Hero


 Dropboxは7日、Dropbox for Businessユーザーに提供していた「Dropboxバッジ」機能を全ユーザーに提供すると発表しています。

Previously available just for Dropbox for Business users, the badge is available today for everyone on Dropbox — so you can work more efficiently with anyone, right from your Microsoft Office file.

[See who’s working on the same file with the Dropbox badge – Dropbox Blog]

 DropboxバッジはDropboxに保存されているMicrosoft Officeのファイルを共有&共同作業するさい、ファイルの閲覧者や編集者、フィードバックリクエストを表示する機能で、現在はOffice for Windows/MacのMicrosoft Word、PowerPoint、Excelで利用できるそうです。




 Dropboxバッチの提供にともない、Dropbxクライアントには「Dropboxバッチ」のオプションが追加され、「常に表示」「他のユーザーが使用中の場合」「今後表示しない」といったオプションが選択できるようになっています。


Dropbox-Client

 Dropboxは先月、ファイルを複数のユーザーで共有しバージョン管理ができる「チーム」機能の提供を開始しており、Dropboxバッチの追加によりさらにコラボレーションツールとしての機能を強化しているようです。

関連リンク: