OS Xのスピーチ機能でポーズやスキップなどの機能を利用できるようにしてくれるユーティリティアプリ「Dictater」が公開。

スポンサーリンク

 OS Xのスピーチ機能でポーズやスキップを利用できるようにしてくれるユーティリティアプリ「Dictater」が公開されています。詳細は以下から。


Dictater-for-Mac-Hero


 OS Xには英語や日本語の文章を読み上げてくれる「スピーチ」機能が搭載されていますが、Kyle Carsonさんが公開した”Dictater”はこのスピーチ機能にポースやスキップ、リピート、プログレスバーなどを提供してくれるユーティリティアプリです。




 使い方は、DictaterをGitHubからダウンロード&インストールし起動。スピーチ機能で読み上げてもらいたい文章を選択し、Ditecterのコントローラーウィンドウで再生、前後へのスキップが行え、”Read Along (Command + 1)”ボタンで読み上げウィンドウを開くことが出来ます。


Dictater-Read-Along-Window-Hero

 システム環境設定アプリの[キーボード] > [ショートカット] > [サービス]に登録しておけば、コンテクストメニューからも呼び出せるので、興味のある方は公式サイトおよびGitHubへどうぞ。


Keybaord-Shortcut-Dictate-Hero

関連リンク: