MacのメニューバーにCPUやメモリなどの使用率を表示してくれるアクセシビリティモニターアプリ「MenuBar Stats 2」がBeta版を公開。

スポンサーリンク

 MacのメニューバーにCPUやメモリなどの使用率を表示してくれるアクセシビリティモニターアプリ「MenuBar Stats 2」がBeta版を公開しています。詳細は以下から。


MenuBar-Stats-Hero


 インターネット速度計測アプリ”Speedy“や世界時計アプリ”The Clock“などを開発しているフランスのSeenseがCPUやメモリ、ストレージ容量、バッテリーの充電率などをMacのメニューバーに表示し確認できるMac用アクティビティモニターアプリ”MenuBar Stats 2″のベータ版を公開しています。


 MenuBar StatsはMac App Storeでも人気のアプリで、バージョン2では新たにOS X 10.11 El Capitanをサポートするとともに、CPUやメモリ使用率などのウィンドを切り離して表示できるモジュール機能などが追加されています。




 Mac App Storeでの価格は480円ですが、ベータ版は無料で利用可能なので気になる方は関連リンクから公式サイトへどうぞ。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    App Storeでの販売を頑なに拒んでいる(というかファンコントロールなどの機能からApp Storeの審査を通らないのかな)iStat Menusが後塵を排することにならなければいいけど。優れたアイデアやコンセプトをいただいておしゃれなデザインをさらっと乗せて人気のappに。このデベロッパーが別appとして販売しているThe Clockの機能はiStat Menusには含まれているから、どっちも買うとこちらが割高になる。実に上手い