MacからApple TVに動画を配信できるユーティリティアプリ「Beamer」がv3.0 Public Betaをリリース。新たにChromecastとApple Remoteをサポート。

シェアする

スポンサーリンク

 MacからApple TVに動画を配信できるユーティリティアプリ「Beamer」がv3.0 Public Betaをリリースしています。詳細は以下から。


Beamer-Hero


 Beamerb.hatenaはTupil B.V.が開発しているApple TVにMacから動画を配信できるAirPlayユーティリティでQuickTimeでサポートされていない複数のコーデック(AVI, MKV, MOV, MP4, WMV, FLV)をサポートし、字幕やプレイリストの作成なども可能です。


 今回リリースされたBeamer v3.0 Public Betaは新たにGoogle Chromecastをサポートしデザインを刷新、Apple Remoteでのコントロールも可能になっています。


Beamer-3-Feature

 価格は2699円ですがPublic Beta版は無料で使用(15分の動画まで)できるので、興味のある方は公式サイトへどうぞ。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    Announcing RubyMotion 4.0: free Starter edition, cross-platform games, watchOS 2.0
    ttp://www.rubymotion.com/news/2015/09/03/announcing-rubymotion-4-0-free-cross-platform-games-watchos-2-0.html