Photoshopのスマートオブジェクトの様な機能をMac用グラフィックツールSketchで使用できるプラグイン「Magic Mirror for Sketch」がリリース。

スポンサーリンク

 アートボードを使用しはめ込み画像のテンプレートを作成できるMac用グラフィックツールSketchプラグイン「Magic Mirror」がリリースされています。詳細は以下から。


macbook-with-logo


 ”Magic Mirror for Sketch”はAdobe Photoshopの”Smart Objects“機能のようにアートボードとリンクしたシェイプを作れるSketch用プラグインで、以下の動画のようにiPhoneのモックアップ素材を使用しテンプレートを用意しておけば簡単にモックアップ画像が作成できます。




使い方

 使い方はまず”Magic Mirror for Sketch”をGitHubからダウンロードし、ダブルクリックしてSketchプラグインフォルダへインストール。Pluginsメニューに[Magic Mirror]が表示されます。


Magic-Mirror-for-Sketch3-Hero

 次に複数のアートボードを作成し、次に転写したいアートボード(①)と、転写先となるシェイプに同じ名前(②)を付け別のアートボード上に作成します。


Magic-Mirror-for-Sketch3-HowTo-1

 シェイプを作成したらメニューバーの[Plugins] > [Magic Mirror]から[Magic Mirror]を選択すればシェイプにアートボードが転写されます。


Magic-Mirror-for-Sketch3-HowTo-2

 公式サイトには開発者のJames Tangさん作成したモックアップ素材も公開されており、一度テンプレートを作成してしまえば簡単にモックアップ画像やApp Storeへの申請素材などが作れるので、興味がある方は関連リンクから公式サイト&GitHubへどうぞ。


関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    いいですね。