Silvio Rizzi、Mac用RSSクライアントReederの次期バージョン「Reeder 3 for Mac Public Beta」を公開。既存ユーザーは無料でアップデート可能予定。

シェアする

スポンサーリンク

 Silvio RizziがMac用RSSクライアントReederの次期バージョン「Reeder 3 for Mac Public Beta」を公開。既存ユーザーは無料でアップデート可能の様です。詳細は以下から。


Reeder3-for-Mac-Hero


 Mac・iOS用のRSSクライアント”Reeder”を開発しているSilvio RizziがReederの次期バージョンとなる”Reeder 3″のパブリックベータ版を公開しています。


 Reeder 3は以前報じられた通り既存のReeder 2ユーザーは無料でReeder 3へアップデート可能で、以下の新機能や不具合が追加・修正されています。

  • 通知事項
    • Reeder 3のシステム要件はOS X 10.10 Yosemite以上
    • Reeder 2ユーザーはReeder 3に無償でアップデート可能
    • 共有機能についてはまだ開発中
  • 新機能
    • 新しいテーマを追加
    • Yosemite対応に合わせUIをアップデート
    • スマートフォルダに未読・お気に入り数を表示
    • 未読・お気に入りアイテムがない場合は未読・お気に入りスマートフォルダを非表示
    • プライベートブラウジングモードをサポート
    • ArticleやブラウザのリンクにオーバーマウスするとステータスバーにURLを表示
    • 新しいArticle設定:タイトルのセパレートフォントと大文字のオプションが追加
    • 最小のレイアウトモードでもフルスクリーン表示が可能に
  • 同期サービス
    • Instapaperを新たにサポート
    • Feedbin では検索履歴をサポート
    • Readability では記事の削除をサポート
    • Feedly ではアイテムのダウンロード設定が可能に
    • Readability, Minmal Reader, Inoreader, BazQux Reader, Feedly, RSS(local)でタグを同期可能
  • 変更
    • ReadabilityとInstapaperで“Mark all as read” (全てを既読)が廃止
  • 修正
    • Inoreader認証
    • 未読・お気に入りカウントが正しく表示されない不具合を修正
    • UIフォントにEl Capitanで採用されるSan Franciscoフォントを採用
    • El Capitanの新機能”Split View”の不具合を修正
    • El Capitanで発生する複数のバグを修正
  • 未修正
    • リンクをバックグラウンドで開く機能(Chrome側の不具合?)

 Reeder 3はシステム要件がYosemite以降になる他、次期OS X “El Capitan”のサポートも視野に入れているようです。パブリックベータ版はSilvio Rizziの公式サイトからダウンロード可能なので興味がある方は関連リンクからどうぞ。


Reeder3-on-El-Capitan

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    スマートフォルダってまだ実装されてない?
    今のバージョンじゃ見つからない