Oracle、仮想環境構築アプリ「VirtualBox」のv5をリリース。Mac版は更に軽量化され、HiDPIオプションも追加。

スポンサーリンク

 Oracleが仮想環境構築アプリ「VirtualBox」のv5をリリースしています。詳細は以下から。


Oracle-VirtualBox5-Hero


 Oracleは今年4月に仮想環境構築アプリ「VirtualBox」のメジャーアップデートとなるv5のベータ版を公開し、ユーザーにフィードバックを求めていましたが、本日 正式にVirtulaBox バージョン 5.0.0 r101573をリリースしています。


 リリースノートによると、VirtualBox 5はホストPCとしてOS X 10.10 Yosemiteを正式にサポートし、以下の新機能を追加しています。

  • WindowsおよびLinuxゲスト向けの準仮想化をサポート
  • xHCIコントローラーによるUSB 3.0をサポート
  • ホスト&ゲストPC間でドラッグ&ドロップでのファイル共有を改善
  • ディスクイメージのAES暗号化
  • ゲストPCにディスプレイを接続しないHeadless起動オプションを追加
  • ゲストPCの3Dアクセレーションおよびスケーリングをサポート
  • ユーザーインターフェースのカスタマイズが可能
  • SATAのホットプラグ対応
  • Retinaディスプレイ搭載のMacでHiDPIスケーリングをサポート

Oracle VM VirtualBox 5.0.

This release contains significant improvements, with a large number of enhancement and bug fixes.

[Oracle VM VirtualBox 5.0 Officially Released! – Oracle’s Virtualization Blog]

 機能はベータ版からそれほど変更されていませんが、Mac版ではv4と比較してアプリケーションのファイルサイズが286.1MBから174.8MBへ縮小された他、


Oracle-VirtualBox5-and-4-size

 Retinaディスプレイ搭載のMac向けにHiDPIオプジョンが追加されています。


VirtualBox-v5-HiDPI-Option

関連リンク: