Oracle、VMアプリ「VirtualBox」のv5 Beta版をリリース。イメージの暗号化やUSB3.0、UIのカスタマイズ機能などをサポートしMac版ではHiDPIオプションを追加。

スポンサーリンク

 Oracleが仮想環境構築アプリ「Virtual Box」の次期メジャーアップデートとなるバージョン5のBeta版をリリースしています。詳細は以下から。


Oracle-VirtualBox-v5-Beta-Hero


 VirtualBoxは現在Oracleが開発を行っている仮想化アプリで最新バージョンはv4.3.26ですが、Oracleは4月1日に次期メジャーアップデートとなるバージョン5.0のBeta 1をリリースしています。WindowsやLinuxがゲストOS時のパフォーマンスの向上や、H/W支援の命令セットが利用可能になる他、xHCIコントローラーによるUSB 3.0デバイスのサポートなどが主な変更点となっています。以下参照。


Oracle-VM-VirtualBox-マネージャー

VirtualBox 5.0 will be a new major release. Here is an incomplete list of changes:
・Paravirtualization support for Windows and Linux guests to improve time-keeping accuracy and performance
・Make more instruction set extensions available to the guest when running with hardware-assisted virtualization and nested paging. Among others this includes: SSE 4.1, SSE4.2, AES-NI, POPCNT, RDRAND and RDSEED
・xHCI Controller to support USB 3 devices (requires the Extension Pack)
・Drag and drop support (bidirectional) for Windows, Linux and Solaris guests
・Disk image encryption (requires the Extension Pack)
・GUI: Detach mode: Terminate the GUI but keep the VM running and re-attach to a running VM process (see here).
・GUI: VM guest-content scaling support (including 3D acceleration)
・GUI: New User Interface settings page for customizing status-bar, menu-bar and guest-content scaling
・GUI: New Encryption settings tab for customizing encryption options for disk images
・GUI: HiDPI support including application icons and optional unscaled HiDPI output on Mac OS X (including 3D acceleration)
・GUI: Hotplugging support for SATA disks
・New, modular audio architecture for providing a better abstraction of the host audio backends
・USB hard disks
・Support for the NDIS6 networking framework on Windows (default on Vista and later)
[VirtualBox 5.0 Beta 1 released – virtualbox.org]

イメージの暗号化

 VirtualBox v5.0 Beta版ではイメージの暗号化をサポートしており、[設定] > [一般] > [Encryption]からAES暗号などによる暗号化が行えます(拡張パックが必要な場合もあります)


VritualBox-v5-Support-Encryption

USB 3.0サポート

 VirtualBox v5.0 Beta版ではUSBコントローラーがUSB 1.0(OHCI), USB 2.0 (EHCI), USB 3.0(xHCI)から選択可能で、拡張パックをインストールすればUSB 3.0が使用可能です。


VritualBox-v5-Support-USB-3

アクセラレーション

 VirtualBox v5.0 Beta版ではH/Wアクセラレーションに”Pararavirtualization Interface(準仮想化インターフェイス)”オプションが追加されており、WindowsまたはLinuxゲスト時の準仮想化機能をデフォルト, Legacy, Minimal, Hyper-V, KVMから選択することが可能です。


VritualBox-v5-Support-Paravirtualization-Interface

UIの変更機能

 VirtualBox v5.0 Beta版では”User Interface”タブが追加されており、ゲストOSウィンドウ下のインターフェイスボタンやメニュバーに表示されるメニュー項目の変更が可能です。


VritualBox-v5-Support-UI-Interface

HiDPIオプション

 Mac版のVirtualBox v5.0 Beta版ではHiDPIオプションが追加されており、Retinaディスプレイを搭載したMacで起動した場合HiDPI表示を有効にする、またはスケーリングしないの変更が可能になっています。


VritualBox-v5-Support-HiDPI-Option

 VirtualBox v5.0ではUSBやネットワーク、APIに関する複数の不具合も修正されるそうですが、まだBeta版なので使用する方は注意して下さい。(特にMacの場合はUIの変更機能がBuggryの様です)

関連リンク:
VirtualBox 5.0 Beta 1 released – virtualbox.org

TekRevue、Parallels Desktop 10&VMware Fusion 7&VirtualBox 4でWindows7を動かした際のベンチマークスコアを掲載b.hatena