Apple、Safariの特定アドウェアに今年1月頃から流行し始めた「Cinema」や「FlashMall」「Shopy Mate」アドウェアなどを追加。

スポンサーリンク

 AppleがSafariの特定アドウェアに今年3月頃から流行し始めた「Cinema」や「FlashMall」「Shopy Mate」などを追加しています。詳細は以下から。


Remove-Ads-form-Safari


 Appleは6月1日付でSafariのアドウェアに関するページを更新し、新たに「Cinema-Plus Pro」や「FlashMall」、「Shopy Mate」などを今年1月頃から急増しているアドウェアの対処法を公開しています。




 現在、Appleがサポートサイトで公表しているアドウェアは以下の10種類で、今回追加されたのはCinema-Plus Proなどの類似アドウェアを含む以下の5種類(赤色)。特にCinema-Plus ProアドウェアについてはApple Support Communities[1, 2, 3, 4, 5]などで多くのユーザーが被害を報告しているようです。

  • Amazon Shopping Assistant by Spigot Inc.
  • Cinema-Plus Pro (Cinema + HDやCinema + Plus, Cinema Ploosなどを含む)
  • Ebay Shopping Assistant by Spigot Inc.
  • FlashMall
  • GoPhoto.It
  • Omnibar
  • Searchme by Spigot, Inc
  • Slick Savings by Spigot Inc.
  • Shopy Mate

Ad-injection software is advertising-supported software that can come from third-party download sites. Software that you download from such sites may have been customized to install both the software you want and the ad-injection software.

[Remove unwanted adware that displays pop-up ads and graphics on your Mac – Apple Support]

削除方法

 サポートページによる削除方法は「ライブラリ内にある以下のアドウェア・フレームワークやプラグインをFinderの”フォルダへ移動…”機能を使用し1つ1つ調べて削除して下さい」というものですが、調べてみたところ以前紹介したThe Safe MacのThomas Reedさんが開発しているAdwareMedicが全てのアドウェアに対応しているので、


 1つ1つのアドウェアを調べるのが面倒な方は公式サイトからAdwareMedicをダウンロードして”Scan for Adware”で一括スキャンして下さい。


AdwareMedia-Hero

 日本語のサポートページはまだ更新されていませんが、そちらも参考にどうぞ。

関連リンク: