WebサイトのRSSフィードを自動的に発見し、ツールバーアイコンで通知&表示してくれるSafari用機能拡張「Syndicate」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 WebサイトのRSSフィードを自動的に発見し、OS X 10.10 YosemiteのSafari 8のフィードに追加してくれるSafari機能拡張「Syndicate」がリリースされています。詳細は以下から。


Syndicate-Hero2


 OS X 10.10 YosemiteのSafari 8からRSSフィード(共有リンク)機能が復活しましたが、Syndicateは開いているWebサイトのRSSフィードを探し出し表示してくれる機能拡張です。開発者はスウェーデンのReda Lemedenさんで、


 使い方は公式サイトから”Syndicate.safariextz”をダウンロードしてダブルクリックするだけでSafariへ登録されます。また、Google Feed APIを使用し複数フィード(rss, xml, atmなど)の発見にも対応しており、RSSフィードのタイトルなども同時に取得してくれます(”Display actual feed title (via Google Feed API)”をOFFにすると取得されません)。


Syndicate-Safari-Extensions

Syndicate was built with multiple-feed sites in mind. It even fetches the feed title using Google Feed API. You can toggle this feature off in the extension preferences, or use Safari’s private browsing mode.

[RSS Discovery Extension – Syndicate for Safari]

 また、Webサイト内にあるフィード数をバッチで表示してくれる”Show feed count badge”機能もあり、Safari 8の場合Safariの登録フィードへ、Safai 7以下の場合は設定されたデフォルトアプリでRSSを開いてくれます。


Syndicate-RSS-Feed-count

 Syndicateは無料で公式サイトかGitHubからダウンロード可能なので興味のある方は関連リンクからどうぞ。

関連リンク:
RSS Discovery Extension – Syndicate for Safari

kaishin/syndicate – GitHub