MacBookのバッテリー駆動時間が設定値を下回ると警告しスリープに入ってくれるアプリ「Low Battery Saver」が期間限定で無料セール中。

シェアする

スポンサーリンク

 バッテリー駆動時間が設定値を下回ると警告しスリープに入ってくれるアプリ「Low Battery Saver」が期間限定で無料セール中です。詳細は以下から。

 MacBookはディスプレイやSSDを切/スリープするまでの時間は設定できますが「バッテリーでの駆動時間が一定値を下回るとスリープする」などの設定が出来ません、そこでそのバッテリー駆動時間(予定残り時間)を監視し、設定値を下回るとスリープしてくれるアプリがLow Battery Saverです。


Low-Battery-Saver-Hero


The app’s purpose in life is solitary: It warns you when your battery hits a certain amount of time remaining, and then shuts down your computer.[via MacWorld]

 設定方法はアプリを起動して、メニューバーのLow Battery Saverアイコンから[Preferences…]を選択して設定パネルを起動、


Low-Battery-Saver-Preferences

 設定できる項目は上から順に

☑バッテリー駆動時間が残り◯◯分を切ったらディスプレイとHDD, ネットワークをOFFにしてスリープ
 ☑スリープする◯◯秒前に警告(カウントダウン)を表示

☑バッテリー駆動時間が残り◯◯分を下回ったら警告を表示

☑起動時にアプリを起動

となっており、古いバッテリーの場合「駆動時間(予定残り時間)」が正確でないので注意が必要だそうです。


Low-Battery-Saver-Feature

 現在のバッテリー予想駆動時間はメニューバーのバッテリーアイコンや「システム環境設定」の[省エネルギー]に表示され、その値が設定値以下になると画面下に以下のような警告が出ます。


Low-Battery-Saver-Warning

Low Battery Saver 200円 → 無料

Low Battery Saver
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
リリース日: 2011/11/30

関連リンク:
MacBook用バッテリー容量管理アプリ「coconutBattery」がVersion 3にアップデートしたそうなので使ってみたb.hatena

ACアダプターを接続しっぱなしでもMacBookのバッテリー充電率にあわせソフトウェア制御で充電をON・OFFできるアプリ「AutoChargeInhibit」がリリースされたので使ってみたb.hatena


コメント

  1. Apple7743 より:

    いただきました。情報ありがとうございます。