Appleのマップアプリがニュージーランドの首都ウェリントンとヨセミテ国立公園のFlyoverに対応。エル・キャピタンも3D表示可能。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleのマップアプリがヨセミテ国立公園とニュージーランドの首都ウェリントンのFlyoverに対応したそうです。詳細は以下から。


 6月に東京もFlyoverに対応したAppleの地図アプリですが、ニュージーランドの首都ウェリントン(Wellington)と、OS X 10.10のコードネームYosemiteの由来であるヨセミテ国立公園(Yosemite National Park)の3DマップFlyoverに対応したそうです。


Apple-Map-Support-Yosemite-National-Park-Flyover

 iOS 6かOS X 10.9 Mavericks以上のマップアプリでヨセミテ国立公園を見てみると確かにFlyover可能で、


Yosemite-National-Park-Map-App-Anime

URL:http://maps.apple.com/?ll=37.839625,-119.515204&q=ヨセミテ国立公園

 OS X 10.10 Yosemiteの壁紙にも使用されている一枚岩エル・キャピタン(El Capitan – Wikipedia)も3D表示可能です(近づくと別データに切り替わりレンダリングされます)。


Yosemite-National-Park-El-Capitan-Apple-Flyover-1
Yosemite-National-Park-El-Capitan-Apple-Flyover-2

URL:http://maps.apple.com/?ll=37.733016,-119.637741

 「まだワシントンDCも対応してないのにヨセミテ国立公園をFlyoverしてる場合?」という意見もあるようですが、建物が多い場所は後回しにされている傾向があるようなので徐々に対応していくのを待つしかないようです。


Apple Maps Flyover-avaliability
[Maps: Flyover – Apple]

おまけ

ニュージーランドの首都ウェリントン


27

URL:http://maps.apple.com/?ll=-41.296759,174.767392&q=ウェリントン

関連リンク:
秋葉原から東京ディズニーランドまで、Appleのマップアプリが東京のFlyoverに対応したので名所を見てみた