BitTorrentクライアント「Transmission」が2年ぶりのアップデート。Mac OS X 10.6 Snow Leopardが非サポートになり、複数の脆弱性を修正。

スポンサーリンク

 2005年にクロスプラットフォームのBitTorrentクライアントとして開発がスタートしたアプリ「Transmission」が2年ぶりのアップデートを行っているそうです。詳細は以下から。


Transmission-Hero


 TransmissionはオープンソースでWindows, Mac, Linuxで利用できるクロスプラットフォーム対応のBitTorrentクライアントアプリですが、このTransmissionが2014年7月1日 以来、約2年ぶりのアップデートとなる「Transmission v2.90」をリリースしています。


Transmission-v2d9-img

GTK+, Qt, Web, and Mac clients received improvements

Besides the general changes mentioned above, the official changelog also notes the fact that the Mac build of Transmission received a lot of love for this major release, such as user interface improvements for Mac OS X 10.9 or later, support for trimming potential URIs from clipboard, and support for downloading from HTTP servers on El Capitan. Please note that Mac OS X 10.6 is no longer supported.

Transmission 2.90 Open-Source BitTorrent Client Released After Two Years of Work

 Transmission v2.90ではOS X 10.9 Mavericks以降でUIの修正が行われた他、中間者攻撃の可能性が指摘[1, 2]されているアップデート用フレームワーク「Sparkle」およびアップデート用URLが変更され、Mac OS X 10.6 Snow Leopardが非サポートとなっているそうなので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Mac Client

  • UI fixes for OS X 10.9+
  • Trim potential URIs from clipboard
  • Allow downloading files from http servers (not https) on OS X 10.11+
  • Change Sparkle Update URL to use HTTPS instead of HTTP (addresses Sparkle vulnerability)
  • Fix global options popover layout
  • Fix building with Xcode 7+
  • Drop OS X 10.6 support

Changes – Transmission

関連リンク