Safariで閉じたタブをChromeやFirefoxの様に[Command + Shift + T]で無限に復元できるSafari用 機能拡張「RecoverTabs」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 SafariのExtension「RecoverTabs」がリリースされています。詳細は以下から。

 デフォルトではSafariで閉じたタブは [Command + Z] で1つしか復元できませんが、ChromeやFirefoxは [Command + Shift + T] で今までに閉じたタブを履歴を遡り復元できます。RecoverTabsはSafariでもこの機能を使うことが出来る機能拡張です。


RecoverTab-Hero

 AntrikshyさんのGitHubにあるダウンロードリンクからダウンロードしてインストール。


Safari extension that you always wanted! Cmd+Shift+T now reopens closed tabs Install

Antrikshy / RecoverTabs – GitHub


 インストールすると下のGif Animeの様に、一度開いて閉じたタブ([Command + W]で閉じてます)を[Command + Shift + T]で復元できます。


RecoverTabs-Move
[Gif Anime]

 リリースされたばかりなので、タブが1つの場合で動かなかったり、閉じたURLと違うURLのタブが開いてしまったりする不具合もあるようですが、いちいち閉じたタブを履歴から探して開くのが面倒な人やChrome/Firefox派の人には重宝しそうです。


コメント

  1. Apple7743 より:

    直前に閉じたタブだけでなく、閉じたタブが順番に復元するのか!?
    こりゃ嬉しいなぁ。タブの復元ができないせいでsafariは絶対に使いたくなかったんだよ

  2. Apple7743 より:

    おおこれ欲かったんよ

  3. Apple7743 より:

    期待!

  4. Apple7743 より:

    自分の環境では駄目でした
    一つ閉じた時は出来るけれど二つ以上消すと無理。直前の一つでさえ復元してくれない
    …と書いていたら一つ消して復元すらしてくれなくなった