macOS 13.4 Venturaでは、DJIドローンのDNGファイルが正しく表示されない不具合や、Webビュー内でスペースキーを利用したスクロールができない不具合が修正。

macOS 13.3と13.4 VenturaでDJIのDNGファイルをQuick Look macOS 13 Ventura
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 macOS 13.4 Venturaでは、DJIドローンのDNGファイルが正しく表示されない不具合とWebビュー内でスペースキーを利用したスクロールができない不具合が修正されています。詳細は以下から。

macOS 13 Ventura

 Appleは現地時間2023年05月18日、macOS Venturaの4度目のアップデートとなるmacOS 13.4 Ventura (22F66)」を正式にリリースし、同アップデートでは日本などのマルチバイト文字圏やドイツ、フランスなどで問題となっていた、

濁音(が)や半濁音(ぱ)、アクセント記号(á)を含んだファイルがダブルクリックで開けないNFC/NFD問題が修正されましたが、この他、macOS 13.4では開発者によりバグレポートが出されていた以下の不具合も修正されています。

DJIドローン

 macOS 13.3 VenturaではDJIドローンの画像ファイル(DNG:Digital NeGative Image)をQuick Lookやプレビューアプリで開くと、虹色の縞模様がかかる不具合が報告され、DJIのエンジニアングチームはAppleにこの不具合を報告し修正を待っているとコメントしていましたが、

macOS 13.3と13.4 VenturaでDJIのDNGファイルをQuick Look

macOS 13.4では、上記の通り、DJIドローンの画像も正しく表示されるようになっています。

Webビュー

 また、macOS 13.3 Venturaでは、Webページ表示にWKWebViewを利用したアプリで、スペースキーを利用したWebページの上下スクロールが動作しない不具合がRSSリーダーNetNewsWireの開発者Simmonsさんらにより報告されていましたが、

この不具合もmacOS 13.4 Venturaアップデートで修正され、アプリ内のWebビューでキーボードを利用したナビゲーションが可能になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました