macOS 13 Ventura以降でIntel GPUレンダリングでもMetalが利用可能になった「Blender v3.4」がリリース。

スポンサーリンク

 Blender v3.4では、macOS 13 Ventura以降でIntel GPUレンダリングでもMetalのサポートが開始されています。詳細は以下から。

Blender

 Blender Foundationが2022年03月にリリースしたオープンソースの3DモデリングアプリBlender v3.1では、Appleエンジニアリングチームが開発に加わり、Apple SiliconとAMDグラフィックスでCyclesのMetal GPUバックエンドがサポート*され、レンダリングパフォーマンスがCPU連打林と比較して最大2倍向上していますが、

BlenderがMetal GPUバックエンドをサポート

*Apple SiliconはmacOS 12.2、AMDグラフィックスはmacOS 12.3 Monterey以降でサポート。

現地時間2022年12月07日にリリースされた「Blender v3.4」では、Metalのサポートが拡大され、Intel GPUレンダリングでもMetalが利用可能となっています。

Blender 3.4 support Metal with Intel GPU

For Apple Metal, Intel GPU rendering is now supported starting with macOS 13

Blender 3.4 — blender.org

  AppleでMetalフレームワークの開発を行っているMorteza Mostajabさんによると、Intel GPUでのMetalサポートはSDKの関係で遅れていたそうですが、macOS 13 Ventura以降ではIntel MacでもCyclesレンダーデバイスでIntel GPU(Metal)を利用できるようになっているそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Apple Silicon Macでの例

Blenderの[編集]メニュー → [プリファレンス…] → [システム] → Cyclesレンダーデバイスから選択できます。

Blender 3.4 New Features in LESS than 5 minutes