iOS 16.1ではFace ID対応iPhoneのバッテリーインジケーターが残量により変化し、iPhone XR/11やiPhone 12/13 miniでもバッテリー残量(%)を表示することが可能に。

スポンサーリンク

 iOS 16.1ではFace ID対応iPhoneのバッテリーインジケーターが残量により変化し、iPhone XR/11やiPhone 12/13 miniでもバッテリー残量(%)を表示することが可能になっています。詳細は以下から。

バッテリー

 Appleが現地時間2022年09月12日にリリースしたiOS 16で、Face ID対応のiPhoneでバッテリーインジケーター内にバッテリー残量(%)を表示する機能を実装しましたが、

iOS 16でバッテリー残量をパーセンテージで表示する

現地時間10月24日にリリースされたiOS 16.1では、このバッテリーインジケーターの残量表示が改善され、バッテリー残量(%)のフォントの調整に加えバッテリー残量に合わせてインジケーターアイコンが変化するデザインになっています。

iOS 16.1とiOS 16のバッテリーインジケーター

iOS 16.1とiOS 16.0.xのバッテリーインジケーター

 iOS 16.0.xでもバッテリーインジケーターは充電中は緑、バッテリー残量が20%より多い場合は白、バックグラウンドタスクを停止する低電力モード時は黄色、バッテリー残量が20%以下になると赤くアイコンが変化していましたが、iOS 16.1では20%以下でなくてもアイコンが変化し、バッテリー残量が刻々と減っていくのがひと目で分かるようになっています。

iOS 16のバッテリーインジケーターカラー

iOS 16.0.xのバッテリーインジケーター

スポンサーリンク

iPhone 11/XRやiPhone 12/13 miniでも可能に

 また、iOS 16.0ではiPhone XRおよびiPhone 11、iPhone 12 mini, iPhone 13 miniの4モデルはバッテリー残量を表示できないという制限がありましたが、iOS 16.1ではこの制限がなくなり、iPhone SE (第2世代, iPhone SE (第3世代)、iPhone 8以降の全てのiPhoneでバッテリー残量が表示できるようになっているので、

iOS 16.1とiOS 16.0のバッテリー残量表示の仕様

iOS 16.1とiOS 16.0のバッテリー残量表示の仕様

バッテリー残量を表示したい方は、設定アプリの[バッテリー] → [バッテリー残量(%)]をONにしてみてください。

iOS 16.1でバッテリー残量を表示する

  • iOS 16/iPadOS 16の新機能まとめ (準備中)