iOS 16では機械学習を利用し写真から犬や猫の品種、花の種類、アートや本のタイトル、建築物の詳細を表示する「Visual Look Up」が日本でも利用可能に。

スポンサーリンク

 iOS 16では機械学習を利用し写真から犬や猫の品種、花の種類、アートや本のタイトル、建築物の詳細を表示する「Visual Look Up」が日本でも利用可能になっています。詳細は以下から。

Core ML

 Appleは2021年06月に開催したWWDC21の中で、iOSやmacOSの機械学習(Neural Engine)技術を利用し、写真内に写っているる犬や猫の品種、花の名前、アートや本のタイトル、建物の詳細を表示できる画像を調べる (Visual Look Up)」機能を発表し、

Visual Look Up対応

アメリカやカナダなど一部の英語圏と欧州で利用可能になっていましたが、現地時間2022年09月12日にリリースされたiOS 16では、このVisual Look Upが日本/日本語でも利用可能になっています。

iOS 16 support Visual Look Up in Japan

スポンサーリンク

Visual Look Upを使う

 日本でVisual Look Upを使うには、iOS 16へアップグレードされたA12 Bionicを搭載したiPhone XS/XR以降のiPhoneが必要で、システム要件を満たし、そのオブジェクトがVisual Look Upで検索可能ならば、写真アプリの情報アイコン(ℹ️)にキラメキ(Sparkle)が付いたり、メニューに[調べる]が表示されます。

iOS 16とiOS 15のVisual Look Up

 後は、そのアイコン/メニューをタップするだけで、AndroidのGoogleレンズの様に犬や猫の種類、植物の名前、有名なアートや本のタイトル、建物の詳細が表示されるようになっています。

iOS 16 Visual Look Up Cat

 また、AppleはiOS 16でVisual Look Upをアップデートし、鳥や昆虫、クモ、像の学習データを追加したそうなので、分からない鳥や虫がいたら写真で撮影して調べてみてください。

iOS 16のVisual Look Upで追加された鳥、昆虫、クモ、像

Visual Look Upで表示された結果が必ず正しいとは限りません。また、利用するにはSpotlightのSiriからの提案やイメージ検索が有効になっている必要があります。
  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)