スクウェア・エニックス、Pythonが廃止されたmacOS 12.4 Montereyをサポートした「ファイナルファンタジーXIV Mac版」をリリース。

スポンサーリンク

 スクウェア・エニックスがPythonが廃止されたmacOS 12.4 Montereyをサポートした「ファイナルファンタジーXIV Mac版」をリリースしています。詳細は以下から。

FINAL FANTASY XIV: Shadowbringers for macOS

 スクウェア・エニックスは日本時間2022年07月05日、MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」のMac版がIntelプロセッサを搭載したmacOS 12.4 Montereyにおける動作検証が完了しサポートを開始したと発表しています。

macOS Monterey サポート開始のお知らせ(7/5)

「macOS Monterey(12.4)」における「ファイナルファンタジーXIV Mac版」の動作検証が完了したため、「macOS Monterey(12.4)」のサポートを開始いたしました。

macOS Monterey サポート開始のお知らせ(7/5) – FINAL FANTASY XIV

 ファイナルファンタジーXIV Mac版については、Appleが2022年03月にリリースした「macOS 12.3 Monterey」で、2020年にEOL(End of Life)となっていたPython 2.7のランタイムを削除したため、ファイナルファンタジーXIVのランチャーが実行できないという問題が報告されていたそうですが、

FINAL-FANTASY-XIV-ONLINE Python not found

最新のファイナルファンタジーXIV Mac版(v1.0.8)では、この依存関係も解消され、Window版のファイナルファンタジーXIVがCodeWeavers(互換レイヤー)上で動作するようになっています。

ファイナルファンタジーXIV for Mac v1.0.8

 ファイナルファンタジーXIV Mac版(v1.0.8)では、サポート対象OSにmacOS 12.4 Montereyが追加されましたが、引き続きIntel Macモデルのみでのサポートとなっているので、利用される方は注意してください。

ファイナルファンタジーXIV Mac版(v1.0.8)

CodeWeaversは昨年からApple Silicon Mac上でのx86アプリの実行を段階的にテストしています。