Blackmagic RAWおよびH.265フォーマットのパフォーマンス算出と最大10TBのストレステスト機能を搭載したディスクベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test v3.4」がリリース。

スポンサーリンク

 Blackmagic RAWおよびH.265フォーマットのパフォーマンスの算出機能や最大10TBのストレステスト機能を搭載したディスクベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test v3.4」がリリースされています。詳細は以下から。


 Blackmagic Design Incは現地時間2022年04月24日、同社の映像デバイス用ユーティリティBlackmagic Design Desktop Videoをバージョン12.3へアップデートするとともに、ディスクベンチマークアプリ「Blackmagic Disk Speed Test v3.4」をDesktop Videoに追加したと発表しています。

Blackmagic Disk Speed Test v3.4

このソフトウェアアップデートは、新しいバージョンのDisk Speed Testを追加。同バージョンは、Blackmagic RAWおよびH.265フォーマットのパフォーマンスの算出機能を搭載。

Desktop Video 12.3アップデートのリリースノートより抜粋

スポンサーリンク

Blackmagic Disk Speed Test v3.4

 Blackmagic Disk Speed Testでは、これまで計測対象のストレージがProRes 422 HQ、Cinema DNG RAW、10 Bit YUV 4:2:2フォーマットの各コンテンツサイズで、どれだけのパフォーマンスが出るかを算出&表示していましたが、最新のBlackmagic Disk Speed Test v3.4では、Blackmagic RAW、ProRes 422 HQ、H.265フォーマットに変更されています。

Blackmagic Disk Speed Test v3.4

クリックで拡大

WRITE/READメーターは変更ありません。

 また、Blackmagic Disk Speed Testでは、ストレージに書き込むデータサイズ(Stress)を変更できますが、Blackmagic Disk Speed Test v3.4では、このストレスサイズの最大値が、これまでの5GBから最大10TBへ変更されており、

測定値には影響しませんが、タコメーターにアニメーションも追加されているので、興味のある方は試してみてください。