システム障害などGitHubのステータスをMacのメニューバーからチェックできるアプリ「Status of Github Menu Bar App」がリリース。

スポンサーリンク

 システム障害などGitHubのステータスをMacのメニューバーからチェックできるアプリ「Status of Github Menu Bar App」がリリースされています。詳細は以下から。

Status of Github Menu Bar App

 GitHubは2018年12月、システム障害などでGitHubサービスが一時的に利用できなくなった事をユーザーに通知するため、別ドメイン(githubstatus.com)でGitHubのステータスをまとめたGitHub Status Pageを公開しましたが、このステータス情報をMacのメニューバーから確認できる「Status of Github Menu Bar App」アプリが公開されています。

Status of Github Menu Bar App

A quick an easy way to check the status of GitHub from your Mac’s menu bar!

Status of Github Menu Bar App – Mac App Store

 Status of Github Menu Bar Appを公開したのは、SchedulicityでエンジニアをされているThomas Preziosoさんで、アプリを起動してメニューバーに表示されるアイコンをクリックするだけで、GitHub Status Pageの情報をリスト化して表示してくれます。

Status of Github Menu Bar Appアプリのシステム要件はmacOS 12.3 Monterey以上となっています。

 また、PreziosoさんはGitHub Status PageをApple Watchから確認できるStatus of Github for Apple Watchも公開しているそうなので、常にGitHubのステータスが気になっている方は試してみてください。

Status of Github for Apple Watch