macOS 12.3 Montereyで削除されるPythonを利用したWorkflow実行時に警告を表示するようにした「Alfred v4.6.3」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 12.3 Montereyで削除されるPythonを利用したWorkflow実行時に警告を表示するようにした「Alfred v4.6.3」がリリースされています。詳細は以下から。


 英Running with Crayons Ltdは現地時間2022年02月15日、多機能ランチャーAlfredの最新バージョンとなる「Alfred v4.6.3」をリリースし、Python Scriptを利用したWorkflowに警告を表示するようにしたと発表しています。

Alfred warn Python workflow script

 これは、Appleが現在Beta版を公開し開発を行っている「macOS 12.3 Monterey」で、これまで同梱されてきたPython 2.7が削除され、Python(3)自体の同梱も終了するため、今後デフォルトではPython Scriptを利用したWorkflowが動かなくなるための措置で、Pythonを利用したWorkflowを今後も利用したい場合は、ユーザーがAppleのDeveloper ToolsやHomebrowを利用しPythonのインストールを行うことを求められます。

Alfred python Workflow

 この他、Alfred v4.6.3では、AppleのFile Providerフレームワークによりサードパーティ製のクラウドストレージサービスでもデフォルトでファイルオンデマンド機能が利用できるようになるため、”~/Library/CloudStorage”がデフォルトの検索範囲に追加されているので、ユーザーの方はチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

Alfred 4.6.3

Build 1285, Tuesday 15th February 2022

  • Update default search scope to include ~/Library/CloudStorage
  • Abbreviate file results subtext prefix ~/Library/CloudStorage/… to ☁️/…, allowing more space for useful path information
  • Update web bookmark search to be diacritically insensitive for bookmark folders
  • Workflow Run Script / Script Filter tweaks
    • Add a note to the default example Python workflow script to warn of deprecation, and removal in macOS 12.3+
    • Do a bin existence check and add [not installed] to the popup selection box on any paths which are not available
  • Add more informative popup dialog on failing to import a workflow due to lack of permissions