AppleのMagic Mouseを安定してホールドできるようにしてくれる「Elevation Lab Magic Grips」レビュー。

スポンサーリンク

 AppleのMagic Mouseを安定してホールドできるようにしてくれる「Elevation Lab Magic Grips」レビューです。詳細は以下から。

Elevation Lab Magic Grips

 Appleは2021年04月に発表したiMac (24-inch, M1, 2021)と同時に、Touch ID付きの新しいMagic KeybaordTouch ID搭載Magic Keyboardを発表し、加えて、通常のMagic KeyboardもアップデートしSpotlight(F4)や音声入力(Dictation:F5)、おやすみモード(Do Not Disturb:F6)、地球儀🌐キー (Globe Key)を配置していますが、

新旧のMagic Keyboard

底面に充電用のLightningポートを配置したため充電中は使えないことで有名「Magic Mouse 2 (A1657)」についてはカラーリングが変更されただけで、ホールドしづらいデザインは変更されていなかったので、

ElevationLab Magic Grips

macOS 12 Montereyで搭載されるユニバーサルコントロール用にMagic Mouse 2を購入したのと合わせて先月のAmazonタイムセール頃から35%OFFとなっている米Elevation Labの「Magic Grips」を購入してみました。

Magic Mouse (A1657)のデザインは変更されていませんが、新しいパッケージには編み込み式のUSB-C – Lightningケーブルが同梱します。

Magic Grips

 Elevation LabのMagic Gripsは2009年に発売された電池式のMagic Mouse (1)とリチウムイオンバッテリーを内蔵したMagic Mouse 2に対応したシリコン製のグリップで、

Magic Grips

底面に向かい大きくカーブしたデザインのMagic Mouseの左右にシリコン製グリップを接続することで、以下のようにMagic Mouseを安定してホールドできるようにしてくれます。

パッケージ

 Elevation Lab Magic Gripsにはクリーナーとスタンダードサイズのグリップが2つに、親指側に装着して安定性を高めるのに最適なXLサイズのグリップが1つ同梱されており、両グリップ共に左右対称のためMagic Mouseの左右どちらにも利用可能。

Magic Gripsの同梱品

 Magic GripsのMagic Mouseに接続する面には3Mの両面テープが貼り付けられており、これを剥がしてMagic Mouseの両サイドに接続する形になります。

Elevation Lab Magic Grips

Magic Grips装着前後

 実際にMagic GripsのスタンダードサイズとXLサイズを左右に装着すると、Magic Mouseの大きなカーブがフラットになり、横幅が約55mmから約65mmに増えMagic Mouseを安定してホールドできるようになります。

Magic Grips装着前後

 Magic GripsのAmazon.co.jpでの価格は先月までは2,670円でしたが、上記の通り先月のセール頃からは37%OFFの1,695円となり公式ストアの価格(14.95ドル)と同価格帯になっているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Elevation LabのMagic Grips

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、Magic Mouseはデザインがシンプルなため、3DプリンターでMagic Gripsと同じ様なグリップを簡単に作成できるとして、Thingiverseなどには他のユーザーが作成した3Dデータ(STL)が公開されています。

Apple Magic Mouse 2 Side Grips Thingiverse