Microsoft、Pride月間に合わせてLGBTQI+コミュニティの旗からインスピレーションを受けたアイコンやアクセントカラーをMac/iOS、Androidアプリに追加。

スポンサーリンク

 MicrosoftがPride月間に合わせてLGBTQI+コミュニティの旗からインスピレーションを受けたアイコンやアクセントカラーをMac/iOS、Androidアプリに追加しています。詳細は以下から。

Pride月間

 MicrosoftのBrad Smith社長は現地時間2021年06月15日、LGBTQI+コミュニティへの支持を示すPride月間(06月)に合わせて、LGBTQI+インクルージョンをサポートするメッセージとして、同社のOSやXbox、アプリ、サービスにLGBTQI+コミュニティの旗からインスピレーションを受けた壁紙やアイコン、アクセントカラーを追加したと発表しています。

マイクロソフトの Pride のデザインは、コミュニティの豊かさとインターセクショナリティがインスピレーションの中心となっています。従来の Pride のデザインは、Pride の旗一種類とインクルージョンに関するメッセージがひとつ書かれたものでしたが、今年は性のアイデンティティや性自認、性的指向など、より幅広い多様性を反映させた作品にしました。また、黒人やアジア人、ラテン系、先住民コミュニティにも焦点を当てています。

マイクロソフト、Pride にてインターセクショナリティに注目 LGBTQI+ 非営利団体への寄付と、最大かつ最も包括的なオリジナル製品を発表 – News Center Japan

 Office for Macも本日リリースされたWord, Excel, PowerPoint, OneNote v16.50には[環境設定]メニューに「プライドを示しましょう」オプションが追加され、有効にすると、各アプリのアイコンが変わるだけでなく、アプリのアクセントカラーが虹色になります。

Microsoft Pride

 Pride機能はiOSのOfficeやOutlook、Teams、OneNote、AndroidのOutlook、Teamなどでも利用できるそうなので、LGBTQI+インクルージョンをサポートしたい方はチェックしてみてください。

Microsoft rainbow flag

Pride対応アプリ

  • iOS: Outlook、Teams、OneNote、Office モバイルアプリ、スタンドアロン型 Word、Excel、PowerPoint
  • Android: Outlook、Teams
  • Mac: Word、Excel、PowerPoint、OneNote