AppleはSplit View時でもカメラにアクセスできるようリモート会議アプリ「Zoom for iPad」にプライベート権限を提供しているもよう。

スポンサーリンク

 AppleはSplit View表示時でもカメラにアクセスできるようリモート会議アプリ「Zoom for iPad」にプライベートAPIを提供しているようです。詳細は以下から。

Zoom for iOS

 Zoom Video Communications, Incが提供するリモート会議アプリZOOM Cloud Meetingsは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりユーザー数を伸ばし、昨年末に発表されたAppleのBest of 2020 今年のベストAppとゲームではiPadアプリがベストAppに選ばれ、先日行われたAppleのスペシャルイベントでもApple M1チップを搭載したiPad Proの性能を示す目的で登場していましたが、

ZOOM Cloud Meetings for iPad

Zoom APIを使いZoom用のミーティング管理アプリなどを開発しているThink Tap WorkのJeremy Provostさんによると、AppleはこのZoom for iPadに対し、iPadOSのマルチタスキング機能「Split View」表示時でも、Zoomアプリがカメラにアクセスできるようプライベート・エンタイトルメント(API)を提供しているそうです。

I scoured the web and found no reference to how to enable this feature for our own iOS Zoom client, Participant for Zoom. We asked Zoom and to our surprise they gave us the answer, and in the process revealed an apparently private process, available only to those deemed worthy by Apple.

iPad Camera Multitasking – Think Tap Work

 この機能の存在はZoom Developer ForumでZoom for iPhone/iPadアプリの開発を担当されているMichael Condonさんによって明らかにされており、Condonさんによると、この権限はCarPlayアクセスと同じようにAppleにリクエストすると「iPad Camera Multitasking」の権限が与えられ利用できるようになるそうですが、Appleはこのプロセスを明らかにしていないため、現在Zoomなど限られたアプリの開発者のみ利用できる機能となっているようです。

com.apple.developer.avfoundation.multitasking-camera-acc

 Provostさんは承認プロセスをとるのはわかるが、これらは全て普通の開発者には非公開で、特定のパートナーのみがアクセスできるということはAppleが全ての開発者を同じように扱っているとは言えないとしてAppleにクエストを送ったそうですが、既に6ヶ月以上なにも返事がないそうです。

Zoom for iPad Camera Multitasking

Maybe it makes sense for there to be an approval process, like with CarPlay. But it doesn’t make sense for this to be private, undocumented, and only accessible to Apple’s preferred partners. You can’t say “we treat every developer the same” while privately giving special capabilities to certain developers.

iPad Camera Multitasking – Think Tap Work