他人のAirTagが付いた所持品や追跡に利用されているAirTagを持ち歩くとiPhoneに「セーフティ通知」が表示される。

スポンサーリンク

 他人のAirTagが付いた所持品や追跡に利用されているAirTagを持ち歩くとiPhoneに「セーフティ通知」が表示されます。詳細は以下から。

AirTag

 Appleは日本時間2021年04月30日より、Appleの探すネットワークとアプリに対応した紛失防止タグAirTagの発売を開始しました、このAirTagはTileなどの紛失防止タグと同じくBluetoothビーコンとなり、Appleの探すネットワークを利用して場所を特定できるため、Appleは事前に身に覚えのないAirTagがユーザーの周りで発見された場合の対処法を公開していたので、実際に他人のAirTagをお借りして持ち歩いてみました。

AirTagとTileとGalaxy SmartTag

スポンサーリンク

身に覚えのないAirTagを持ち歩く

 身に覚えのないAirTagは、例えば友人から借りたバッグや車に紛失防止用に付けられたAirTagや、悪意のある人間が動向を知りたい人に故意に付けたAirTagなどで、この他人のiPhoneとApple IDでセットアップされたAirTagを暫く持ち歩くとiPhoneの探すアプリから「あなたが所持中のAirTagが見つかりました。このAirTagの現在地は所有者が見ることができます。」という通知が来ます。

不明なAirTag

AirTagがユーザーの手から離れてしばらく経っていると、AirTagが動いたときに音を鳴らすので、その時点で気づく方もいると思います。

 この通知開くと、探すアプリの「セーフティ通知」という表示とともに最初に身に覚えのないAirTagが確認された時間とそのAirTagを持ち歩いた/追跡された経路を確認することが可能で、探すアプリが確認した身に覚えのないAirTagからサウンドを再生し、実際に発見した場合はNFC対応のiPhoneやAndroidを近づけることで、そのAirTagのシリアルナンバーを確認することができますが、

身に覚えのないAirTag

確実にAirTagを無効化したい場合には、AirTagの裏蓋を押し込み、反時計回りに回して蓋を開け、CR2032ボタン電池を取り外す必要があるので、AirTagを購入していない方もこの方法は覚えておいたほうがいいかもしれません。

AirTagとCR2032ボタン電池