Macの画面に注釈や記号を描くことができるオープンソースのMac用テレストレーターアプリ「TLDraw」がリリース。

スポンサーリンク

 Macの画面に注釈や記号を描くことができるオープンソースのMac用テレストレーターアプリ「TLDraw」がリリースされています。詳細は以下から。

TLDraw

 TLDrawは元デザインツールFramerのエンジニアのSteve Ruizさんが新たに公開したオープンソースのスケッチ/ドローイング・アプリで、NFLなどスポーツのテレビ中継でプレイヤーの動きを画面上に描くテレストレート(Telestrator)のように、Macの画面上に注釈や記号を描くことができます。

TLDraw for Mac on-screen drawing tool

An on-screen drawing tool (aka a “telestrator”) by @steveruizok.This app is in active development! More soon.

steveruizok/telestrator: A disappearing drawing tool for your screen. – GitHub

 TLDrawの使い方はアプリを起動した状態でMacの画面左下端にマウスポインターを移動すると描写ツールが表示されるので、後は使いたいカラーやペン/矩形ツールを選択してMacのデスクトップ上に自由に描くだけで、現在(v0.3.0)のところ6種類のカラーと3サイズのペン、矢印、楕円、矩形、丸ツールを使うことができます。

 デフォルトではTLDrawで描いたオブジェクトは数秒で消えてしまいますが、鍵(🔒)アイコンをクリックすることでオブジェクトを残しておく、または以下のキーボードショートカットで操作することが可能です。

キーボードショートカット

  • E : 楕円ツール
  • R : 矩形ツール
  • A : 矢印ツール
  • D : ペンツール
  • 1~6 : カラーの選択
  • Command + 1~3 : サイズの変更
  • Command + E : 画面上のオブジェクトを消去
  • Command + F : フェーディングの切り替え
  • Command + Z : Undo
  • Command + Shift + Z : Redo
  • Escape : マウスポインターに戻る
  • Command + Shift + E : 画面上のオブジェクトを消去してマウスポインターに戻る

 また、TLDrawはElectron製で現在のところIntelバイナリしか用意されていませんが、Appleの公証も取得しているので、リモート会議などで画面に映したプレゼンテーションに注釈を入れるのに使いたい方は試してみてください。

TLDraw for Mac