Amazon EC2 MacインスタンスがmacOS 11 Big Surに対応。

スポンサーリンク

 Amazon EC2 MacインスタンスがmacOS 11 Big Surに対応しています。詳細は以下から。

AWS

 米Amazonは現地時間2021年02月23日、AWS re:Invent 2020で発表したEC2 Mac インスタンスをアップデートし、新たにmacOS 11 Big Surに対応したと発表しています。EC2 MacインスタンスはIntel Mac mini Core i7 (Coffee Lake)を利用して構築され、これまでmacOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalinaが選択可能でしたが、

Starting today, customers can run macOS Big Sur (11.2.1) as Amazon Machine Images (AMIs) on EC2 Mac instances. macOS Big Sur is the current major macOS release from Apple, and introduces multiple new capabilities and performance improvements over prior macOS versions.

Amazon EC2 Mac Instances now support macOS Big Sur – AWS

本日よりAMIsからmacOS 11.2.1 Big Surを選択して起動することが可能で、これにより最新のiOS/iPadOS 14.5, tvOS 14.5, watchOS 7.4, macOS Big Sur SDKが利用可能になるとともに、システム要件がBig Sur以上へ変更される予定のXcode v12.5を利用することが可能になります。

Amazon EC2 Mac Instances now support macOS Big Sur

 また、macOS Big Surを実行しているEC2 MacインスタンスではAmazon EFSへアクセスすることが可能となり、Amazon EFS clientやmacOSのNFS v4.0クライアントを利用してAmazon EFSをマウントすることが可能になっているそうです。

 今回の発表はAmazon EC2 MacインスタンスでのmacOS 11 Big SurとAmazon EFSファイルシステム対応の2つでしたが、Amazonは既にMac mini (M1, 2020)を利用したApple M1 チップ搭載のEC2 Macインスタンスを2021年中に提供すると発表しているので、今後アプリの開発やテストがより楽になりそうです。