米Anker、MFi認証を取得したLightning接続のEthernetアダプタ「Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter」を発売。

スポンサーリンク

 米AnkerがMFi認証を取得したLightning接続のEthernetアダプタ「Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter」を発売しています。詳細は以下から。

Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter

 米Ankerは2021年02月07日より、Lightningポートを搭載したiPhoneやiPadを有線LANに接続して安定な通信を行うことができる、MFi認証を取得したLightning接続のEthernetアダプタ「Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter (Y2561)」を新たに発売しています。

Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter

 Appleは2016年にリリースしたiOS 9.3以降でEthernet接続をサポートしており、Lightning-USB 3カメラアダプタを介してサポートしているUSB to Ethernetアダプタのリストも公開していますが、Lightning to Ethernet + Charging Adapterは安定した接続が必要なオンラインゲームやWi-Fiを提供していない出先などでLightningの仕様であるUSB 2.0の最大480Mbpsで有線LAN接続が可能なほか、

Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter

充電用のパススルーLightningポートを搭載し最大12WでiPhoneやiPadを充電しながらインターネット環境を利用できるそうです。Lightning to Ethernet + Charging Adapterのサイズは約36 x 71 x 17 mm、ケーブル長は167 mmで、重さ約100g、価格は59.99ドルと、先日発売されたAnker PowerExpandUSB-C & イーサネット アダプタよりはサイズも大きく価格も高くなっています。

Anker
Lightning to Ethernet
+ Charging Adapter
Anker
PowerExpand
USB-C & イーサネット アダプタ
外見 Anker Lightning to Ethernet + Charging Adapter Anker USB C to Ethernet Adapter
型番 Y2561 AK-A83130A1
接続ポート Lightning USB-C 3.0
Ethernet 最大480 Mbps Gigabit Ethernet
重さ 約100g 約23g
サイズ 約36 x 71 x 17 mm
ケーブル長 : 167 mm
約52 x 24 x 14 mm
対応OS iOS 9.3以降のLightningポートを
備えたiPhoneやiPad
Windows 10 以降
macOS 10.12 Sierra以降
価格 59.99ドル 2,000円
リンク Amazon.com Amazon.co.jp