2004年から約17年間Mac OS Xのサードパーティ通知システムとして開発が続けられてきた「Growl」プロジェクトが終了。

スポンサーリンク

 2004年から約17年間Mac OS Xのサードパーティ通知システムとして開発が続けられてきた「Growl」がサービスを終了したと発表しています。詳細は以下から。

Growl

 Growlプロジェクトのリーダーで、現在はCheniere Energy, Inc.でセキュリティアナリストを務めるChris Forsytheさんは現地時間2020年11月28日、2004年から約17年開発&保守を行ってきたサードパーティ通知システム「Growl」プロジェクトを終了したと発表しています。

Growl is being retired after surviving for 17 years. With the announcement of Apple’s new hardware platform, a general shift of developers to Apple’s notification system, and a lack of obvious ways to improve Growl beyond what it is and has been, we’re announcing the retirement of Growl as of today.

Growl in Retirement – 336699.org

 Growlは当時、Mac OS Xのネイティブ通知システムがなかった時代にオープンソースで開発された通知システムで、Mac OS Xのデスクトップ上に多種多様なデザインの通知を表示する事ができたため、Twitterや夜フクロウ、Twitterrific、Firefox、Thunderbird、iCab、 Adium、Cyberduck、Stuffit Expanderなど多くのサードパーティアプリがGrowlをサポートしていましたが、

Growl通知

Growl通知

Forsytheさんによると、Appleが2012年のWWDCで発表したOS X 10.8 Mountain Lionでサードパーティアプリが利用可能な通知機能が導入されたため、その需要は徐々に薄れていったようで、更に先日Appleが新しいプラットフォーム(Apple Silicon)を発表したことからメンテナンスが困難になり、本日をもってGrowlプロジェクトを終了(リタイア)することを決めたそうです。

WWDC 2012のNotification Center

 Growlは約17年の間に日本語を含む24の言語にローカライズされ、ソースコードは現在もGitHubで公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    だいぶ前から使わなくなったけれど、ずいぶん長い間お世話になった。

  2. タスクマ より:

    Adobe Creative Suite 5のとき、Adobeアプリと一緒にインストールされたのが初体験だった。

    が、CS5で通知が必要な機能なんて無かったし、当時は通知機能自体が一般的では無かったから、そもそも使い方がわからなかった。

    そうこうしている間にシステム標準になったので、全く使っていなかった。